一戸建て二世帯住宅のデメリット

一戸建て住宅では色々な設計プランを実現できますので、二世帯住宅も計画することが可能です。


二世帯住宅には様々なメリットがありますが、デメリットがないわけではないためメリットとデメリットを比較して選ぶことが大切です。メリットは二世帯に対して受けられるものですが、デメリットに関してはどちらか一方の世帯に対して負担がかかる特徴があります。

どちらかと言えば子世帯に対してデメリットが多く感じられるため、設計プランの時点で妥協しないようにする必要があります。



二世帯住宅とはいっても基本は一戸建てですから、同じ屋根の下に暮らすことになります。

二世帯住宅には色々な形態があり、一部共用型もあれば完全分離型もあります。完全分離型とはいっても同居には変わりありませんので、一部共用型と同じようにデメリットは出てきます。



人間には生まれながらにして育った環境が異なるため、家族間の習慣の違いが出てきます。また生活リズムの違いもありますし、一般には親世帯が干渉してくるのが普通です。

完全分離型でも監視されているような精神的な負担もありますので、家族の中でも最も弱い立場にある人を尊重する必要があります。
夫世帯と一戸建て二世帯住宅を計画する際には、子世帯の妻が最も弱い立場になりますので、意見を尊重することが大切です。

livedoorニュースの情報を探している方はこちらのサイトがおすすめです。

設計プランを決める段階から一部共用型にするか完全分離型にするか、意見を尊重して決める必要があります、完成してからプランを変えることはできませんので、失敗のないように計画する必要があります。