注文住宅と建売住宅の比較

注文住宅とはその名の通り、施主が自分の所有する土地上などに自分の希望する住宅を建築することです。自分の気に入った建築業者を選択でき、自分の構想などを設計、間取り、材料などに指定、繁栄する事ができますのでより満足感の高い住宅になります。



また、注文住宅を建てる為に新たに土地を探し、購入することも多いです。

1級建築士が手がけるデザイナーズ住宅なども人気があります。



注文建築条件付土地などという販売形態もありますが、こちらは建築業者が建築工事を請け負うことを土地の販売の条件としてセットになったもので、まさに注文住宅というものもありますが、洋服でいうイージーオーダーの様にいくつかの設計パターンの中から設計の基本を選択して、オプションによって多少の変更を加えたり、表面材や設備品などを選ぶといったものが多く、これらは広告などで自由設計と謳われていることもありますが厳密には注文住宅とは少し違います。

設計の段階から、施主が参加するので時間がかかり、大変な面もありますが、建築に携わる各部門の責任者など多くの人と関わることで建物が完成していきますので楽しみや安心感もより高く得られます。

共同通信社についての情報ををお探しの方は必見です。

建売住宅が建築業者主体で建築され、または完成した住宅を購入するという経済性の良さと手間がかからない即物的、現物優先的なものであるのに対し、注文住宅は購入者自らも手間暇をかけた、より創造的なものといえます。

高価である分、満足感と共に高級感、ステイタスも大切な住宅の一部と考えられます。